スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年04月25日Tue [15:56] コラム  

How old am I ?

最近のアフターファイブと言ったら、腱鞘炎の病院か、健康センター。
昨日も病院に行って健康センターの話をしたら、「うちの患者さん(たぶんお年寄)も毎日行っているっておっしゃっていましたよ^^」って。
私のライフスタイルと一緒…。
そう、確かに最近マッサージ機が導入されたので、通っていますとも。

美容院に行く時間を削って、病院に行く、23歳 乙女の春。

今日も病院行かなくちゃ。
美容院行きたいよぅ(ノд-。)クスン

060408_0852~01.jpg    060408_0852~02.jpg

小屋の入り口をかんでいて、逆切れする武蔵。あんよが艶かしい。。
スポンサーサイト

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月21日Fri [17:01] コラム  

K2登頂

K2登頂:日本人女性、初成功なるか

こんな見出しがネットニュースに出ていました。
K2と言えば、ちょっと前にやっていたドラマ「氷壁」を見ていて関心があったのでポチリ

「・・・・・、~~~~~~~~??!!!」

なんと、大学時代の友人でした!!!!
大学のとき、暗黙の了解で女人禁制の山岳部に頼んで入れてもらい、在学中に初の女性大将として頑張っていた友人。

卒業を目前にひかえたある日、構内で偶然会って立ち話をしたときのこと。
就職しようか進学しようか、まだそんなことを言っていた私に、彼女は「就職も進学もしないよ。自分にはまだやりたいことがあるんだ。」と、まっすぐな目で私にいいました。

結局私は就職して毎日を楽しく、そこそこの充実感をもってすごしているけれど、時々ふっと彼女のその言葉が頭をよぎっていました。

今日のニュース、一歩一歩夢に向かっている彼女は本当に輝いていました。
絶対に世界一の女性登山家になると思います。
けれど、彼女にはおそらく「世界一」とか「女性初」なんてことはどうでもいいことなんでしょう。
山との戦い。自分との戦い。

彼女のような強さに焦がれる私は、せめてあのまっすぐな目線をうけとめられるくらい、強くありたいと思うのです。

Comment:6 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月19日Wed [23:19] コラム  

今日ふと気づいたこと

一面のIHクッキングヒータの中刷り。
帰りの電車でぼーっと眺めていたらふと思いました。
今の世の中、明かりはスイッチ「ピッ」
お風呂もスイッチ「ピッ」
そのうえ、現在広まりつつあるIHクッキングヒータも「ピッ」

もしかしたら、もしかして、火を見たことがない子供がたくさんいるのではないでしょうか。。
昔は明かりも火をおこしていました。
以前はお風呂も火で焚いていました。
最近までは家庭で一番身近な火はガスコンロでした。

すべてが「ピッ」となった時。
なんだか結構おそろしいです。

火は人類において重要な存在だったはず。
火を使う事ができるのはヒトだけだと、教科書に書いてあったはず。
嗚呼、文明とは…。

IHを避難するわけではありません。が、近い未来、喫煙者の家庭の子だけが火を見た事がある、なんてことにならないといいな、と。
幼稚園の芋掘りで焼き芋をしたら、園児が逃げ出すなんて事がないといいな、と。

なんとなく、あり得なくない未来を想像してぞくっとしました。

Comment:5 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月18日Tue [16:47] コラム  

私の好きなおじ様たち

今月のサウンド&レコーディング・マガジンの表紙は高橋幸宏さんなんです~♪
当然巻頭で特集組まれています!帰りに買ってかえらなくちゃ。でも、その前に早くアルバム『BLUE MOON BLUE』を買わなくちゃ。。!

RM230605B.gif

写真 HPより

そういえば、俳優のショーン・コネリーさんが引退するそうですね(><)あの、パーフェクトなシブさ!!うう、残念ですが、作品は生き続けることでしょう。

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月09日Thu [11:12] コラム  

βエンドルフィン

脳内麻薬とも言われているホルモン「βエンドルフィン」をご存知ですか。
βエンドルフィンは、自然治癒力の向上、老化防止、さらには、鎮痛などといった効果がある脳で生産される物質です。
このβエンドルフィンがもたらす心地よさは麻薬モルヒネの症状と似ていることから、脳内麻薬や脳内モルヒネとも呼ばれていますが、依存症や副作用はありません。

一つの物事に対しても「いやだ」と思うのと、「いいな」と思うのでは体の働きがちがい、前者は毒性のある物質を、後者はストレスの緩和剤として働く物質、そしてβエンドルフィンを作り出すそうです。
「いやだ」と思っても、「いや、これは試練だ!がんばれば何かをまた得られる!」というような発想の転換が必要ってことですかね。

精神的武者修行といえば、瞑想でしょうか。
この瞑想。座禅を組んで「無」になって。。というイメージですが、私などは座っていると様々なことを考えてしまいます。雑念^^;
そこで、歩きながら瞑想をするというのがいいそうです。
歩くことで左脳が黙り、右脳に集中することでα派が分泌、良い効果をもたらすようです。これ、座禅の3~4倍の効果があるというから驚き。

さて、エンドルフィンの話を中学生の頃に聞き、それ以来エンドルフィンよ出ろ~、出ろ~、と脳に言い聞かせてきた私ですが、なるほど、分泌させるのには他にも様々な手段があるようです。

簡単に言ってしまえば、良質なたんぱく質を取り、呼吸を整え、お散歩しながら瞑想し、りらっくすりらっくす~。

エンドルフィン健康法とでもいいましょうか。
今日からみなさんも是非~♪

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。